不快な切れ痔の出血や痛みの対処法!

「お尻から出血するけれど、もしかして切れ痔かも」と不安を抱いている人もいるのでは?特にデリケートな部分なので、一人で悩んでいる人も多いでしょう。そこで切れ痔の原因はもちろん、対処法や予防法、他に考えられる病気まで徹底解説していきます。

お尻からの出血は切れ痔が原因なの?

排便時にお尻から出血や痛みがある場合、切れ痔を疑う人も多いですよね。特に切れ痔は女性に多いため、一人で不安を抱えている人もたくさんいます。そんな切れ痔はなぜ起こるのか、切れ痔以外にお尻から出血する原因はもちろん、自宅でできる簡単予防法や改善方法を詳しく解説!辛い切れ痔で悩んでいる皆さん、必見ですよ。

切れ痔のせい?お尻からの出血には他にも原因が

お尻から出血したからと言って、全てが切れ痔とは限りません。では切れ痔の特徴や他に考えられる原因など詳しく紹介していきましょう。

どうして切れ痔になるの?

そもそも切れ痔は肛門付近の皮膚が何らかの理由で裂けてしまうことで起こり、医学用語では「裂肛(れっこう)」と言います。肛門が裂けることで、痛みを感じたり出血したりするんですよ。

では切れ痔の原因って一体何なのかというと、ずばり便秘や下痢になります。便秘のときの便は、長時間腸にとどまっていたことで水分が奪われカチカチに固まっているんです。カチカチに固まった便を無理に押し出そうとした結果、便が皮膚を傷つけてしまい切れ痔を引き起こしてしまいます。また下痢の場合も、何度も勢いよく肛門を通過することで皮膚にダメージを与えてしまい、切れ痔になってしまうのです。

女性に多い切れ痔

痔ときくと、なんとなくおじさんがなるイメージを持っている人も少なくないのでは?でも切れ痔の場合、実は女性に多いんです。なぜなら上記でも紹介した通り、便秘が主な原因だから。

女性の場合2人に1人は便秘で悩んでいると言われているくらい、便秘になる人が多いです。これは男性の約4~5倍の数字。そのため男性よりも女性の方が切れ痔になりやすい傾向にあります。また女性の場合、恥ずかしくて中々病院に行けなかったりして放置することも多いため、悪化してしまったり中々治らないということも少なくありません。

切れ痔の出血量は様々

切れ痔と聞くと、何となく大量に出血するイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。でもほとんどの場合が、ティッシュに血が付く程度なんです。ただし切れ痔が悪化して、避ける量が増えると、ポタポタと便器に垂れるくらいの血が出ることがあります。出血量が増えることで痛みも増し、完治までの時間もより長くかかるようになるんです。

大量の出血はむしろいぼ痔に多い

大量出血を伴う場合は、「いぼ痔」に多いです。いぼ痔とはいぼのような出っ張りができてしまうことで、歯状線(肛門の縁から約2cm奥にある境界線部分)を境に内側にできるいぼ痔を「内痔核」、外側にできるいぼ痔を「外痔核」と呼びます。

この中でも出血を伴うのが内痔核で、排便時にいぼを傷つけることで出血するのですが、いぼが大きくなるにつれて大量に出血することも多いです。逆に外痔核は肛門の外側にできることから、あまり出血しないのが特徴と言えます。

切れ痔といぼ痔の出血の違い

では切れ痔といぼ痔、出血量や痛みなどにどんな違いがあるのか、それぞれの特徴を見てみましょう。

  • 切れ痔…出血量は少なめですが、肛門が傷になってしまっているため、傷がしっかり治るまでは痛みを感じることがあります。
  • 内痔核…排便時いぼが擦れることで大量に出血することがあります。ただし初期の段階はほとんど痛みがありませんが、症状が悪化するにつれて痛を伴うようになります。またいぼが大きくなると、排便時に肛門から飛び出すようになるのも内痔核の特徴の一つです。
  • 外痔核…出血はほとんどありませんが、いぼの部分に触れると痛みを伴います。肛門の外側にできることから、肛門付近を触ることでいぼができているかどうか確認することができるのも特徴の一つです。

それぞれの特徴からもわかるように、切れ痔といぼ痔には出血量や痛みなど、症状が違うため比較的見分けやすいのではないでしょうか。ただし悪化することで出血量が増えたり、痛みを伴うようになるため、その点は注意しましょう。

切れ痔にならないための予防

辛い切れ痔にならないための予防法を紹介しましょう。

食生活を考える

切れ痔の最大の原因は便秘です。便秘を改善するためには、食生活がの見直しも大切になります。3食バランスのとれた食事をすることはもちろん、腸内環境を整え便秘を改善してくれる食べ物を積極的に摂取しましょう。ではどんな食べ物があるのかというと

  • 腸内環境を整えてくれる善玉菌のエサになったり、硬くなった便を柔らかくし排出を促してくれる「水溶性食物繊維」…アボカド・きのこ類・ごもう・オクラ・ワカメなどの海藻類など
  • 便の量を増やし排便を促す「不溶性食物繊維」…インゲン豆やひよこ豆などの豆類・玄米など
  • 腸内の善玉菌を増やす「乳酸菌」…ヨーグルト・チーズ・ぬか漬け・キムチなど
  • 乳酸菌のエサとなる「オリゴ糖」…きな粉・甜菜・ごぼう・バナナどな
  • 自律神経を整え腸の働きを活発にする「ビタミンE」…すじこ・アーモンドなどのナッツ類・モロヘイヤ・うなぎなど

などが、便秘に効果的です。

また水分補給も便秘解消には必要なので、1日だいたい1.5~2L程度を目安に摂取するようにしましょう。

お尻をきれいに保つ

切れ痔を予防するためには、お尻を綺麗にすることも重要なポイントになります。なぜなら下痢などによって肛門付近がただれることで皮膚が弱り、ちょっとした刺激でも切れ安くなってしまうからです。

皮膚のただれは便の付着によっても引き起こされるため、ウォシュレットなどを使いお尻を常に清潔に保つよう心がけて下さいね。また切れ痔になったときの対処法としても、お尻を綺麗にすることは大切なので、その点も覚えておきましょう。

切れ痔になってしまったら

切れ痔になったとき、一刻も早く辛い痛みから解消されたいですよね。では切れ痔ができてしまったときの対処法を紹介していきます。

ほっておくとさらに悪化

切れ痔を放っておくと便秘のたびに同じ場所が切れてしまい、何度も切れ痔を繰り返すことがあるんですよ。何度も同じ場所が切れると、「慢性腫瘍性裂肛(まんせいしゅようせいれっこう)」になってしまう恐れもあります。

慢性腫瘍性裂肛は切れてしまった部分にポリープや腫瘍ができ、痛みが強く出たり排便後も中々痛みが治まらないなどの症状がでるんです。また慢性腫瘍性裂肛になると手術をしなければいけなくなることもあるため、切れ痔になったら早めに対処するようにしましょう。

ワセリンで滑りよく

切れ痔にはワセリンもオススメ。なぜならワセリンは油なので、塗ることで皮膚に薄い油の膜が出来、傷口を細菌から守ってくれるんですよ。またワセリンをたっぷり肛門に塗ることで、滑りが良くなり便がするっと出たり、保湿効果もあるため肌が柔らかくなるため症状の悪化を防いでくれます。

切れ痔に使えるおすすめ市販薬

切れ痔を早く治すためには、市販薬を使うのも一つの手。薬は塗薬でも良いですが、肛門内部が切れる場合にはあまり効果がないので、挿入タイプがオススメですよ。切れ痔の薬には「ボラギノール」や「プリザエース」が人気。どちらも薬局でも売ってますし、インターネットでも販売しています。

 

ボラギノールA注入軟膏

Amazon

特徴:炎症効果の高い「プレドニゾロン酢酸エステル」を始め、14種類の成分が配合。切れ痔による出血や腫れを痛みを和らげてくれます。

内容量:2g×10袋入り/2g×30袋入り

価格:10袋入り1,236円/30袋入り3,427円

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000VKB38W/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000VKB38W&linkCode=as2&tag=patisurodetab-22

 

プリザエース注入軟膏T

Amazon

特徴:出血を抑える「塩酸テトラヒドロゾリン」や炎症を抑える「ヒドロコルチゾン

酢酸エステル」などを配合。これらの成分が出血を抑え、痛みを和らげてくれます。

内容量:10個入り

価格:1,156円

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4L8GNI/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00F4L8GNI&linkCode=as2&tag=patisurodetab-22

お尻からの出血は痔以外にも原因が

お尻からの出血は、全てが痔とは限りません!では痔以外に考えられる病気にはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

腸の病気も考えられる

お尻からの出血には、大腸がんや直腸がん、大腸ポリープや直腸炎など主に腸の病気が原因で出血していることもあります。またこれらの病気の場合、お尻から血が出る以外にも、下痢や便秘を繰り返す・食欲不振・原因不明の体重減少などといった具合に、他の症状も一緒に現れることも多いです。そのためお尻から出血があり、体調に変化が現れたときは念のため病院を受診するようにしましょう。

ちなみに腸の病気のときは黒い血が出るなんてことも言われていますが、黒い血だけでなく鮮血が出ることもあるため、血の色だけで病気かどうか見極めるのは止めてくださいね。

切れ痔はちょっとしたことで予防できる

特に女性は痔になると恥ずかしくて、放置してしまう人も多いです。でも放置すると症状が悪化してしまうことも少なくありません。切れ痔は少し生活改善を見直すだけでも予防することができるので、まずは食生活を見直してください。

また切れ痔になってしまったらワセリンや薬などで対処し、それでも改善できない場合は別の病気も考えられるので一度病院を受診しましょう。ただどうしても恥ずかしくて病院に行けないという人は女性専用外来もあるので、そういった病院を利用すると恥ずかしさも軽減できますよね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です