産後ママあるある!?いぼ痔の痛みとお別れしよう

「産後いつの間にかいぼ痔になっていた、治し方が知りたい!」そんな女性もいるでしょう。特に妊娠中や産後は、いぼ痔などで悩まされる人は多いです。そこでいぼ痔の原因や種類、病院での治療法や自宅でできるケア方法まで徹底解説していきます。

自分だけじゃない!恥ずかしい痔の悩み

産後いつの間にかいぼ痔になっていたという人、妊娠中からずっといぼ痔に悩まされている人など、妊娠中や産後のいぼ痔で悩まされている人は多いです。特に妊娠中や産後は便秘になりやすかったり、出産時のいきみで肛門がうっ血してしまうことがあるため、いぼ痔になりやすいんですよ。そこでいぼ痔ができる詳しい原因やいぼ痔の種類、病院や自宅でできる治療法まで一挙大公開!いぼ痔で悩んでいるそこのアナタ、必見です。

イタイ!いぼ痔の原因とは

そもそもいぼ痔はなぜできるのか、詳しい原因を解説していきましょう。

便秘・下痢

便秘になるとなかなか排便できずに、長時間トイレでいきんでいることも多いですよね。実は排便時のいきみは、通常立っているときの3~6倍の圧力がかかっています。そんな中いきみ続けると皮膚が伸びてしまい、その部分に血液が流れ込むことでうっ血し、いぼ痔になってしまうのです。また硬い便が肛門を通過するときや、下痢で勢いよく何度も肛門を通ると粘膜を傷つけてしまい、炎症を起こしいぼ痔を引き起こしてしまいます。

妊娠中・産後

妊娠中や産後、いぼ痔に悩まされる人はかなり多いです。ではなぜ妊娠中や産後いぼ痔になりやすいのかというと、妊娠中はホルモンバランスの乱れから便秘になりやすくなってしまいます。特に女性は元々便秘美味の人が多い中、妊娠することで便秘が悪化してしまう人も多いんですよ。上記でも紹介した通り便秘はいぼ痔の原因の一つなので、妊娠中は痔になりやすいと言えます。

産後のいぼ痔は出産時に一生懸命いきむため、肛門に負担が掛かってしまうことでいぼ痔になってしまう人が多いです。また産後会陰切開や帝王切開の痛みに苦しむ人もいますよね。痛みが気になってうまく排便できずに、便秘になってしまうことで痔になる人もいるんです。ただ妊娠中や産後にできたいぼ痔は自然に治っていくことも多いですが、中々治らない場合はきちんと治療を行うようにしてくださいね。

同じ姿勢を続ける

仕事などで長時間椅子に座りっぱなしという人もいますよね。長時間座りっぱなしでいるとお尻に上半身の体重が掛かってしまうことで肛門に負担がかかり、血が滞ってしまうことでいぼ痔になってしまうんですよ。では立っていればよいのでは?と思う人もいるかもしれません。でも立ちっぱなしもいぼ痔の原因の一つ。なぜならずっと同じ姿勢で立っていると、足に血が溜まってしまい血行が悪くなってしまいます。血行不良はいぼ痔の原因の一つなので、立ちっぱなしも良くないのです。

香辛料・刺激物の食べ過ぎ

香辛料のたくさん入ったものや刺激の強い食べ物をたくさん食べると、香辛料や刺激物が便に混じって排出されます。香辛料や刺激物が混ざった便が肛門を通る時、粘膜を刺激することで炎症が起こりいぼ痔になってしまうのです。香辛料や刺激物以外にも、アルコールの飲みすぎもいぼ痔の原因になるため注意しましょう。

【大きく2つ】いぼ痔の種類

いぼ痔には主に外痔核と内痔核があります。ではそれぞれの特徴を紹介していきましょう。

外痔核

外痔核は肛門の外側にできるいぼ痔で、指で触って確認することができます。外痔核は神経が通っているため、痛みを感じるのが特徴です。症状が悪化するといぼの中に血の塊ができ、大きく腫れあがることから激しく痛むようになります。外痔核は肛門の外側にできるため、比較的早い段階で発見することができるんですよ。

内痔核

歯状線(直腸粘膜と肛門上皮の境目)よりも上にできるのが内痔核です。簡単に言うと肛門の中にできるのが内痔核と覚えておくとわかりやすいですよね。そんな内痔核は4段階に分かれているので、段階ごとに詳しく説明していきます。

段階1

内痔核は外痔核のように痛みはありません。ただ排便時に便がいぼ痔に触れることで出血することがあります。痛みがないのに肛門から出血する場合は、内痔核の初期段階と言えるでしょう。

段階2

段階1でできたいぼ痔はだんだん大きくなってきます。そのため排便時にいぼ痔が飛び出してくるようになるんですよ。ただ飛び出したいぼ痔は、排便が終わると自然に肛門の中に引っ込んでいきます。この状態が段階2です。

段階3

段階3ではさらにいぼ痔が大きくなり、いぼ痔が肛門から飛び出しても自然に戻らなくなってしまいます。ただし、指で押し込むことで肛門内に戻すことが可能です。

段階4

段階4まで進むと、指で押し込んでもいぼ痔が肛門に戻らなくなります。そのため排便時以外にも肛門から飛び出している状態になってしまうことから、粘液などが肛門周辺に付着し湿疹や炎症を起こすこともあるのです。ここまで内痔核が進行してしまうと、自力で治すことが難しくなるため一度病院を受診しましょう。

【しっかり治そう】病院での治療法は?

いぼ痔をしっかり完治しようと思うと、病院での治療が一番効果的です。では病院ではどんな治療法が行われるのか見ていきましょう。

投薬

症状が重くなければ薬で治療していくことも多いです。ではどんな薬が使われるのかというと、主に軟膏・座薬・内服薬(飲み薬)の3種類あります。軟膏や座薬はいぼ痔の腫れや痛み、出血などを止めるためる目的で使われるんですよ。内服薬は便秘を和らげるための「緩下剤」や炎症を抑える「炎症薬」、抗生物質などが組み合わせて治療を行っていきます。

ただ妊娠中や産後の場合は使えない薬もあるため、事前に医師に相談してから処方してもらいましょう。

手術

いぼ痔の手術には「結紮(けっさつ)切除術」という痔核に血を送っている血管を糸で縛り、痔を取り除く方法があります。根元から痔を切り取るため、確実に治すことが可能です。ただ産後授乳中の場合、手術中に使った麻酔薬や痛み止めの薬が母乳に影響することも十分考えられます。そのため術後3日間くらいは授乳できないこともあるため、母乳を冷凍保存しておくなど対策を取りましょう。不安なことがある場合は、事前に医師に確認しておくとスムーズですよ。

また内痔核の場合、薬剤を直接注射することで痔を治す「ALTA」という治療法があります。メスを使わないため体の負担も少ないため、特に赤ちゃんのお世話が忙しい産後ママはこちらの方法を検討するのも良いでしょう。

【自分で治そう】簡単な6つの方法

病院に行くのってかなり勇気がいりますよね。特に産後は赤ちゃんのお世話で忙しくて、中々病院に行くことができない人も多いでしょう。そこで自宅でできる簡単な治し方を紹介していきます。

温める

そもそもいぼ痔は血管が圧迫され血液の流れが悪くなり、うっ血(血が溜まる)ことで起こることが多いです。そのため血の流れを良くしてうっ血を解消すれば、いぼ痔も解消されます。では血の流れを良くするにはどうすれば良いのかというと、温めることです。

温め方は色々ありますが、例えば

  • お風呂にゆっくり浸かる
  • 温かいタオルで温める
  • カイロを下着の上から貼る

などがあります。これらの方法でしっかりお尻(肛門)を温めてあげましょう。

ウォシュレット

排便の際ティッシュで肛門を拭こうと思うとどうしてもいぼ痔に触れてしまい、痛みを感じるだけでなくうまくふき取れないこともあります。うまくふき取れないと、ふき取れなかった便が原因で炎症が悪化してしまうことも珍しくありません。ではどうすれば良いのかというと、ウォシュレットが良いです。ウォシュレットなら触れることなく肛門を綺麗にすることができるため、肛門を清潔に保つことができます。

運動

適度な運動も血行促進に繋がるため、いぼ痔改善に繋がります。また座りっぱなしや立ちっぱなしなどの人は、定期的に歩くようにすると良いでしょう。

他にも「肛門括約筋運動トレーニング法」という方法があるのですが、このトレーニングは特に内痔核に効果的なので紹介しますね。

【方法1】

  1. 肛門を2秒程の間隔で、お尻を強く締め付けたり緩めたりします。
  2. 1の方法を5分ほど行いましょう。

【方法2】

  1. 肛門を10~15秒程度ギュッと締め付けます。
  2. 1の方法を5分程度繰り返しましょう。

1日5分程度、毎日行ってください。このトレーニングを行うことで血の巡りが良くなり、いぼ痔の根本的な改善に繋がります。

いぼ痔専用の薬を使うのも一つの手です。いぼ痔専用の薬は有効成分に「プレドニゾロン酢酸エステル」や「グリチルレチン酸」などの抗炎症成分を配合。これらの成分が炎症を鎮め、不快なかゆみや痛みをやわらげてくれます。

いぼ痔のときの薬の選び方ですが

外痔核…軟膏・注入軟膏・飲み薬

内痔核…注入軟膏・座薬・飲み薬

が適しています。

また薬にはステロイド入りのと非ステロイドがありますが、即効性を求めるならステロイドが入っている方がよく効きますが、妊娠中や産後などの場合は非ステロイドが無難かもしれませんね。市販の薬だと、ボラギノールやプリザエースが人気です。値段は軟膏で1000円前後、注入軟膏で1000~1500円程度、座薬で2~3000円程度で売られています。薬局などでも売っていますし、インターネットでも購入することができますよ。

整腸を促す

いぼ痔の原因の一つに便秘や下痢があります。特に妊娠中や産後便秘で悩まされる人も多いでしょう。そんな便秘や下痢は、腸の働きを良くすることで改善できます。では腸を整えるためにはどうすれば良いのかというと

  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動をする
  • 食生活を見直す

などを行うことが大切です。

特に食生活では

  • 腸内環境を正常に保つ乳酸菌…乳製品や漬物など
  • 善玉菌(乳酸菌など)のエサになるオリゴ糖…きな粉などの豆類・甘酒など
  • 善玉菌のエサとなったり便に粘り気を持たせ腸内に移動するスピードと調節する水溶性植物繊維…ゴボウ・オクラ・ピーマンなど

これらの食材を積極的に食べると良いでしょう。

またあまりにも便秘がひどいときは、便秘薬を使うのも一つの手ですよ。

指で押し戻す

内痔核の場合、症状が悪化するにつれていぼ痔が肛門の外に飛び出してきます。この飛び出したいぼ痔を放置しておくと、肛門の締め付けによりうっ血した状態が続き、症状が悪化してしまうんですよ。また飛び出したいぼ痔から粘液が出て下着が汚れたり、いぼ痔が擦れて痛みが出てしまうこともあります。そのため指で戻してあげることも大切です。

ではどうやって戻せば良いのかは下記の通り。

  1. 仰向けになって寝ころび、お尻の下に座布団やバスタオルなどを入れてお尻を高くします。
  2. ガーゼに軟膏などを付け、利き手の人差し指でそのガーゼを添え、指ごと肛門内へいぼ痔を入れてしまいましょう。
  3. 肛門内に入れたいぼ痔が戻らないように、ガーゼを添えた反対の手で肛門を抑え、利き手を肛門から慎重に取り出します。

※複数ある場合は利き手を肛門から取り出したと同時に、別のいぼ痔を反対の手ごと肛門の中に押し込みましょう。その後利き手で肛門を抑え、反対の手をゆっくり肛門から取り出せば完了です。

この方法で戻せば、スムーズに戻すことができます。

お尻に悩まない生活を

いぼ痔と一言に言っても外痔核と内痔核の2種類あり、種類によって病院での治療法や自宅での治し方にも若干違いがあります。そのためまずは自分はどっちのタイプのいぼ痔なのか見極めることも大切です。また女性の場合痔で病院に行くのはかなり恥ずかしいですし、産後などの場合は赤ちゃんのお世話で出かけるのも困難なことも多いでしょう。ですのでまずは自宅でできる改善方法を参考に、治療を行うと良いです。

それでも治らない場合は、勇気をもって一度病院を受診してみてください。いぼ痔を克服して、お尻に悩まない快適な生活をぜひ送ってくださいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です